2009年06月12日

ついに!! <新型インフル>警戒度6

<新型インフル>警戒度6


【ジュネーブ澤田克己】世界保健機関(WHO)のマーガレット・チャン事務局長は11日夕(日本時間12日未明)、新型インフルエンザの警戒度を現行の「フェーズ5」から、世界的大流行(パンデミック)を意味する「6」へ引き上げると発表した。インフルエンザのパンデミック発生は、世界中で約100万人が死亡した1968年の香港風邪以来41年ぶり。

【関連特集】図説から最新ニュースまで 新型インフルエンザ

 ◇41年ぶり「大流行」

 チャン事務局長は会見で「感染の状況はフェーズ6の条件を満たしている」と話し「今後の感染の拡大は避けられない」とした。同日開いた専門家による緊急委員会や、前日までの各国との協議を総合的に判断してフェーズ6を宣言した模様だ。

 ただ、現段階ではウイルスは大きな変異を起こしておらず、特に治療の必要がない程度の軽症患者が多い。事務局長は「(新型インフルエンザは)重症度からみると世界的に中等度となっていると言える」とし「国境封鎖や旅行・貿易の制限はしないよう」呼び掛けた。

 現行規定に基づくフェーズ6引き上げの条件は、世界の複数地域で「地域社会レベルの持続的感染が起きている」ことだ。メキシコと米国に加え、日本や英国などで感染が拡大したうえ、これから冬に向かう南半球のオーストラリアで感染が1200人以上と急拡大していることを重視したとみられる。

 WHOは5月の総会時、パンデミック宣言がもたらす社会的混乱を恐れる日本や英国などからの反発を受けて、基準見直しを表明していたが、その後、軌道修正を図っていた。

 WHOは4月24日、メキシコで豚インフルエンザ感染を疑われる死者が多数出ていると発表。「フェーズ3」だった警戒度は、同月27日に新型インフルエンザ発生を意味する「4」、29日にパンデミックが目前に迫っていると警告する「5」へと引き上げられていた。WHOによると感染者は世界で2万7737人、死者は141人にのぼっている。




マスク 通販速報はこちら!



2009年06月07日

福岡市の中1男子が感染

福岡市の中1男子が感染=ほか8人が発熱、休校へ
6月7日0時59分配信 時事通信

 福岡市は6日、市立中学1年の男子生徒(12)が新型インフルエンザに感染したと発表した。同校では、ほかにも8人が発熱で休んでおり、7日に予定していた運動会を延期するとともに、14日までの休校を決めた。男子生徒に渡航歴はなく、同市は感染ルートの特定を進めている。
 同市によると、感染が確認されたのは博多区に住む男子生徒で、母と妹の3人暮らし。2人に症状は出ていないが、抗インフルエンザ薬の予防投与を行う。
 発熱した8人は、男子生徒が所属する卓球部の同学年の部員4人と、同じクラスの生徒ら。 

http://jissen440.seesaa.net/category/6518434-1.html

2009年06月04日

新型インフル 1人確認ミス

新型インフル 1人確認ミス

大阪府が高校生1人確認ミス=感染者406人に−新型インフル
6月4日1時10分配信 時事通信

 大阪府は3日、関西大倉高校1年生の男子生徒(15)が実際には新型インフルエンザに感染していたのに、誤って本人に感染を伝えず、公表もしていなかったと発表した。同日午後にはほかに川崎市などで10人の感染が確認され、感染者数は計406人となった。
 大阪府によると男子生徒は既に回復している。府公衆衛生研究所が先月19日に検査し、府が結果を電話で聞き取った際、誤ったとみられる。府は「感染の広がりはない」としている。
 川崎市で確認された感染者4人のうち3人は先月30日、都内で行われた結婚式後の会食に出席。会食には米国から帰国し感染が分かった東京都墨田区の女性が参加していた。千葉県でも会食に参加した看護師の女性(29)の感染が判明。ほかに東京都、埼玉県、山口県、神戸市でも感染者が確認された。 



http://jissen440.seesaa.net/article/119855571.html


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。